塾講師になる際は


「転ばぬ先の杖」などのことわざもあるように、塾講師の仕事へ取り組むにあたっても、失敗しがちな事例をあらかじめ知っておけば、自分が同じ過ちを繰り返してしまうリスクを減らすことができます。 塾講師の指導スタイルは、個別指導と集団指導の2種類に大別されます。 塾講師の仕事をする上では、どちらの指導スタイルが採用されているかにより、授業の難易度や準備に掛かる時間には違いが生じて来ます。


次に、塾講師は、この仕事ならではの恵まれた報酬が魅力ですが、それなりの注意事項も存在します。 例えば、塾講師の仕事は、授業の時間中だけで完結するという訳ではありません。 授業の前後にも、さまざまな仕事をこなす必要があるので、用意されている報酬が授業のみを対象としているのか、授業以外の仕事でも給料がもらえるのかをあらかじめチェックしておくことが大切です。


また、一般のバイト求人の場合、基本的に1時間あたりの給料が記載されますが、塾関係のバイトでは、1コマあたりの給料になることも多く存在します。 1コマは、1回の授業時間を意味し、その時間は、言うまでもなく塾によって違いがあるので、就職を希望する塾では、給料の記載方法がどちらになっているのかをチェックしておく必要があります。 当サイトでは、塾講師の仕事をする上で、犯しがちな失敗の事例について詳しく解説してまいります。 これから塾講師になりたいと考えている方は、是非参考にしてみてください。